はじめに 1号機 2号機 3号機 4号機 汚染水対策 廃棄物対策 労働環境 コラム

4号機


(出典:東京電力ホールディングス㈱ 動画・写真ライブラリー)
こちらの写真は、事故当時(2011年3月15日撮影)の福島第一原子力発電所4号機の原子炉建屋になります。

この状況から始まった4号機が現在どう変わったのか。お届けいたします。

おさえておきたいポイント

(福島第一原子力発電所視察者向け資料9月版より引用)

1.燃料の溶融に至っていない号機
4号機は津波により他の号機同様に原子炉を冷却する設備が水没し冷却不能状態が続きましたが、事故当時、定期検査中のため原子炉内の核燃料は全て使用済み燃料プールに移されていました。
使用済み燃料プールは水が抜けることなく、消防車による放水、ヘリコプターによる散水、といった応急処置が打たれ(その後は冷却状態を確保)、燃料の溶融が防げています。
1~4号機の中、唯一核燃料の溶融が起きていない号機になります。

2.3号機からの水素が周りこみ、水素爆発した
水素が発生する要因は燃料が溶けることです。4号機では燃料溶融に至っていないので水素は発生しませんでした。ですが、3号機と4号機は一対になっていまして、建屋間が繋がっています。
3号機の水素が4号機側にも周りこみ、水素爆発に至りました

建屋そのものは、放射性物質を外に出さない「封じ込め」という機能を持っている一番外側の構造体になります。核燃料の溶融により、大量の放射線を出す物質(放射性物質)が生み出されました。それらが水素爆発により大気中に飛散しました。
 建屋が壊れている=大気中への封じ込めが出来ていないという状態を指しますので、ダメージを受けた4号機も封じ込め機能を喪失した状態になりました。

3.使用済み燃料プールの燃料は守られた
4号機の使用済み燃料プールには、これまで発電で使ってきた核燃料の集合体とこれから装填を待つ新燃料を含め、が1535体ありました(過去系なのは取り出しが終わっているため)。

事故によりこの燃料プールの水が抜けることはなく、水中にて燃料の保管が続けられてきました。

現在の状況

 
(左:2017年5月25日視察時写真 右:出典 2014年12月22日撮影 東京電力ホールディングス㈱ 写真・動画ライブラリー)

1.使用済み燃料の取り出しが完了
4号機は水素爆発によって生まれた瓦礫が撤去され、燃料取り出しカバーが設置され、使用済み燃料プール内にあった燃料全てが取り出されて空っぽの状態になっています。(2014年12月22日完了)
写真の真新しい建物が燃料取り出しカバーです。これは自分の重さと支えで4号機に覆いかぶさる形で逆L字で作られました。耐震を持たせる為に東京タワー1基分相当の鉄骨が使われています。
燃料取り出しの様子が公開されています。右側の写真がその燃料取り出しカバー内の写真になります。宙づりになっている白い容器の中に燃料が入っています。高い放射線を出す燃料も、こうした容器に納めることで搬出・移動が可能になります。
水素爆発した号機の燃料取り出しが無事成された経験・知見は、他の号機の使用済み燃料プールの取り出しに活かされていきます。

4号機については、燃料を壊れた建屋で保管し続けるというリスクが無くなりました。これからは解体を待つ状態になります。

新しい課題も生まれました。この取り出しカバーは残念ながら他の号機への流用は出来ません。役目を終えました。

4号機の今の姿は、使用済み燃料は技術的に取り出せることを伝えています。また同時に、解体後の管理を考えれば、新しく建てられたものは将来、管理を必要とするゴミとして生まれることも伝えるものです

はじめに 1号機 2号機 3号機 4号機 汚染水対策 廃棄物対策 労働環境 コラム