暮らしの視点での廃炉講座inいわき市

2016年6月29日

廃炉学習支援

いわき市いわき駅前LATOV向かいにあります、もりたかやさんで廃炉講座を開きました。

6月24日に東京電力福島第一原発に視察した時の写真も皆さまへお伝え。

海へのお話し、大気へのお話し、地域ならではの働く場所としてのお話し、未来への遺産として放射性廃棄物のお話し
現状どういった課題があるか、そしてどこまでよくなっているか

現在の状態がまとまった資料もお渡し、お伝えしました。

廃炉と向き合う、とても難しいことですが生活者だから知っておくことに的を絞ると、原子力が分からない方でも
理解はできることです。

そして理解の先にこの地域で暮らしていくことが、ご自身の言葉で説明できればと思います。

いわき市の講座では廃炉現場で働く方々も、社会からどう見えているか、それを知るために参加されていました。
働く方にとっても全体像を把握することや、社会からの見え方は気にするということはとても重要です。

毎月月末付近で講座を開いています。

活動一覧はこちら