大学生の方に「原発作業員の方々の現状」をお伝え。

2015年6月23日

廃炉学習支援

福島県双葉郡広野町で頑張っている大学生の方々と意見交換及び「原発作業員の方々」を卒論で書くにあたってのレクチャーをしてきました。
知らなかったが沢山ありすぎて、整理がつきませんとのこと

恐らくネットで得た情報と違い過ぎて混乱されているのかと思いました。
伝えたいのは、廃炉に関わる作業員の方々が凄いということ。
原発=忌避 に巻き込まれ、軽んじられることが多いけど、技術的にも意義的にも大変高く重要な場所です。

廃炉が進まないと復興もないし、復興が進まないと働く人達が将来設計できない
復興と廃炉が繋がっていることの理由を説明するには、地域文化や働く方々がどういった人達なのか、丁寧に説明しないとなりません。

福島第一原発について卒論を書かれる方は多くいらっしゃいます。
AFWはそういった学生の皆様のサポートをさせて頂いています。

活動一覧はこちら