ハフィントンポスト記者様と広野町を散策

2015年1月15日

その他

HUFFPOSTの記者の方と一緒に一日中、広野町の調査(散策)を行ってきました。
現地で起きていることは、めまぐるしく変ります。
足げなく通うことが必要です。
図書室にて、郷土史を読み、少しずつ双葉郡の歴史について学んできました。
民間での復興への取り組みは、ほぼ町興しです。
町を興すのですから、歴史や環境、風土、文化、人を知る必要があります。
そこからおぼろげながら見える、ネタを実際に活かせるか?
地方の町おこしは全国どこでも取り組んでいるものです。
それを放射能という問題を交えて、可能性があるかを見出す
これを何度も繰り返しながら、少しずつ進めていくしかありません。
自分が暮らす地方を知る、奥深いです
奥深さはネタが豊富ともいえます。
しかけを作るような現在の取り組みは、それを実現できる人材を集めることも必要です。その人材集めがさらに人脈を生み、面白い出会いがあふれています。

活動一覧はこちら