活動への決意

2013年4月4日

その他

活動のご報告です。

今、福島原発事故により警戒区域内及び警戒区域隣接市町村は大変なダメージを負っています。

特に警戒区域に隣接する町で顕著に影響が出ているのは双葉郡広野町と南相馬市です。

警戒区域の縮小に伴い、旧福島第一原発から20kmから30kmの地域は、現在特別地域としての支援を受けず通常の町の戻ったという扱いになっています。

それは規制上のお話で、実際は一度強制避難させられた経緯から、今も多くの住民が戻っていません。
住民がいませんから当然の如く、生活を支える基盤となる商業、学校、病院、といったインフラが壊滅状態です。

この問題に対して、本来であれば行政が取り組む物ですが
待っていられる状態ではないのが実情です。

よく被災地が訴える、復興が進まないという声がそれを表しています。

私が今行っていることは、友人、有識者と共にそこにある問題解決の為の事業を起こす為の下地作り。

以前東京に人に会いに行きました。とご報告したのはそれの打ち合わせだったりします。

私が考えたのは「なんで国は!(怒)、なんで町は!(怒)}からの先を実践するのが大切ということ。

そして一被災者の立場として全国の方の支援の恩返しは、自分達で自立して問題解決に率先して行動を起こすということ。

全国のボランティアの方々は、私達が復興への足がかりを支援してくれた事を忘れてはなりません。

最近
講演活動って意外と需要がありません。
私は規模も場所も気にしていません。
求められれば例え一人でも行く所存です。
ですが現状は厳しく、求められてはいないのかなと思っている日常です。

ですが遊んでいるのはちょっと違うので、実はこんなことを始めていました。
以前、とん挫した作業員支援住宅建設の延長上にあるものです。

明日というか今日、東京に打ち合わせに行ってきます。

えーっとですね。何が言いたいかというと
新しいこと実は裏で動いていましたって事と
恥ずかしい話ですが、誰か私のお話聞いてみませんかということです。

活動一覧はこちら