新聞を通して知っていただきたいこと

2013年6月2日

その他

今日の講演会に来てくださった毎日新聞と東京新聞の方が
講演の模様を新聞に載せてくださる事になりました。

短い文章ではありますが、現地の作業員の方々、東電社員、そして被災者の方々の思いが伝わるものと思っています。

今はまだ小さな発信しか出来ませんが、ようやく記事として取り扱って頂ける身分になりました。

沢山の方に知って欲しい様々な問題があります。
これからも続けていけるようにしなければなりません。

私ごとですが、広野町でどうにか作業員支援事業が出来ないかと、ここ数カ月東京の友人達と模索していました。現地視察をしたり役場のお世話になったりと・・・
悲しいことに元々の私の資金力の問題で企画段階から先が進まない状況でした。

今回、新しく企業しようとする人間を支援してくれる団体の企画に私の事業を応募しました。
一次選考が来るのは後2週間後

講演会だけでは、やはり現地支援には遠いと感じています。
直接支援できること
それもきっと、作業員の方々は身近に欲しいはず

メディアで支援し、かつ現地も助ける
都合の良い理想ですがどうにか実現したいと思っています

活動一覧はこちら