福島第一原発へ支援を

2013年6月29日

その他

先日、会社時代の先輩たちに電話をかけました。

今や会社はどのような状況ですか?と私が聞くとあまり看過できないお話を聞きました。

それは原子力関連部門が会社内でも浮いているという話です。

東京電力は巨大な会社です。
原子力部門が約3000人ほどの社員がいますが全体の1割にも満たないのです。
その他の社員からすれば原子力は一生のうち関わり合いになる事もなかった分野です。
本来大きな身近な問題が、少し他人事や厄介事ぐらいに思われている風潮があるようです。

会社としては全社員一丸となり、原発事故に向き合うと明言していますし
各分野の壁を越えて、人事交流を計るようにしています。

しかし実際は多くの社員が1年ほどで今の職場に戻すことを条件としたり
福島に飛ばされないように仕事をするといったことがあるようです。

現地の人間達は線量がパンクする問題もあり、早く人員の補強を要求しています。
また会社が傾いたとはいえある程度の原子力への予算の配慮がほしいようです。

福島に行きたくない
気持ちは理解できます。現地は激務です。
しかし社会にこれだけの影響を及ぼした会社の一員としての責任はあるはずです。
個人の感情を超えた対応をしなければ、自分の生活を支える会社そのものが崩壊する事実を受け入れないといけないはずです。

私の元先輩たちは、同じ会社の中でも孤立したような気持ちを味わっています。

原子力で働くことがタブーの風潮が後押ししているのではないでしょうか

活動一覧はこちら