焼却炉問題について(その3)

2013年8月10日

その他

こちらの経緯は実は1年ほどの流れの中で、民間で組織された鮫川村焼却炉連絡会の方々の頑張りにより解明されてきたものです。

この連絡会の構成メンバーは何のことはない一般の方です。
ちょっとだけ一般の方より問題意識の高い人達。
一般向けへの説明会もこの連絡会の方々が動いて初めて実施されたんです。

そういった方々が鮫川村焼却炉を止めるために奮闘されています。
しかし実情は今月の19日より本格稼働が決まりました。

先日、試験運転が始まる際、連絡会の方々が座りこみをされた事を知りました。
非常に悲しい思いです。最終的には議論の場がなくなり封殺され、このような行動にまで駆り出されたわけですから。

建設してからでは、止めようがない
民間では封殺されてしまうのです。

福島県ですら、話題とされない。ましてや全国問題には相手にされない。
これが現状です。

結果どうなるか、本格稼働が始まりデータが取れれば皆さんのお住まいの地域に展開されるのが既に決まっています。
まさに秒読みの段階まできました。

詳しく内容を知りたい方、鮫川村焼却炉連絡会で検索してみてください。
ここに書かなかった信じられない情報はまだまだあります。
何か知識が有効利用できそうな方、力を貸してあげてください。

まずは知って欲しいと思います。

活動一覧はこちら