新聞社の取材を受けて

2013年9月11日

その他

今日はとある新聞社の方の取材を受けました。

今度福島原発の特集を組むとのこと

それ自体はありがたい事ですが、問題解決に繋がらない今までの報道のあり方には、正直嫌気が指しています。

個人では出来る事は少ないです。しかしそれが大きな影響力をもった起業や団体が募金を募り、現地の改善に動いたなら、解決に向かうと思います。

東電には余力がないし、国も積極的ではない状態。

世間で聞くのは、なんで東電は、国は、の水掛け論

民間側から解決に動かないと

そういった流れになるような、今までとは違った記事にして頂きたい思いでいます。

ここで言っているのは、作業員の方々の待遇についてです。

私達の代わりにありがとう
これも嬉しいでしょうけど

身も心もボロボロなんです

言葉悪く言えば、見殺しを国民全体がやっている

それを分かって欲しいと、、、

犠牲の上に成り立つ社会って
私は、恥ずかしいのと、そしてそれを解決出来ない自分の情けなさに気が滅入ります

活動一覧はこちら