福島第一原発5,6号機廃炉の発表について

2013年9月30日

その他

個人的には英断してくれたと思う福島第一原発5,6号機の実質廃炉の発表

チェルノブイリ原発でもそうだけど、事故のあった原発の隣の号機が稼働していたのは、あまり知られていない事実。

働く者にとって、壊滅した原発の隣で通常通り働くことは無駄な放射能被ばくを受ける事になるし、精神的不安も大きい。

私はそもそも論で、あれほどインフラが壊滅した地域で再稼働は無理だと思っていました。
定期検査時に入る作業員の数は現在の廃炉作業の比ではありません。

また、今更ですが廃炉に集中するというのは当たり前の選択です。
ここまで5,6号機の燃料を共用プールに運ばず復旧作業をしていた事は
あわよくば再稼働をしようとしていたものではないかと思ってしまいます。

ただ別の問題を私は考えています。
原発で元々働いていた作業員の方々の仕事量がこれで更に減ることです。
福島第一の廃炉作業の仕事量は震災前と比べると大幅に減っているのが事実です。大変技術を求められる作業ではありますが数は多くないという事です。

5,6号機はある意味仕事を供給するという役割を持っていました。
労働者を囲うという意味では今回の決定はマイナスの面があります。

原発で働く作業員は日雇いの人も多いです。
仕事がなければ生活にならない=生きていけない
仕方ないので他産業へ流出する
この構図は震災後からずっと続いています。

5,6号機の廃炉
これに私は労働者を守る観点から別な仕事を作る取組をして頂きたいと思います。
例えば、浜通り地方に国と電力会社が共同出資で火力発電所を作るといった具合です。

物事が進む時、必ず何かが犠牲になるのは付き物です。
しかし、産業がない、原発事故からの復旧も進まない、何十年と続く廃炉作業を行う人達に対して
何かタカの目のように大きな視点から物事を進めていかなくてはいけないのではないでしょうか

こと福島浜通り地方は弱者が犠牲になる構図から脱却できていない気がします。

活動一覧はこちら