福島民友新聞に取り上げていただきました。

2017年5月28日

メディア掲載


福島第一原発と暮らす私達が、豊かな人生を送ろうとする時、福島第一原発をいつでも知れる、分かる環境は必要なことと思います

その為に必要な事は、廃炉に関わる人達と原発事故後を暮らす私達がお互いにコミュニケーションを取れる関係だと思います

活動一覧はこちら