SFCの今を伝えるメディア「SFC CLIP」に、関連記事が掲載されました。

2017年1月16日

メディア掲載


SFC(慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス)の今を伝えるメディア「SFC CLIP」に、高校生時代からのお付き合いがある「 森 雄一郎さん」の記事が挙げられています。

前編はこちら

今回は後編 福島外の人間にできることはなにかーー風評被害・観光地化・行政と復興 福島第一原発視察ツアー主催者・森雄一郎さん(総3)インタビュー【後編】 です。

後編導入抜粋
「前編では、なぜ森さんが福島にコミットし、福島第一原発視察ツアーを行っているのか、その理由を聞いた。後編では、福島外の人間が福島に関わるということはどういうことか、そして今後の福島の復興はどうあるべきか、森さんと考える。話は、今年8月に行われたツアーに参加したSFC CLIP編集長・原(聞き手)の感想から始まる。」
この記事、丁寧に前編と一緒に読んで頂きたいと思います。

原子力事故被災地域で暮らす私達も
事故当事者の東京電力も
正直、耳が痛い部分があると思います。

そこで怒りで終わるか、それとも耳を傾け改善へと動くか
私はこうしてやもすれば、社会追及されることをあえて言う勇気にありがたいと思っています。
また、SFC CLIPを運営されている、記事を書かれた 原 光樹 (Koki Hara)さんにもお礼申し上げます。

活動一覧はこちら