京都市で講演会を行いました

2014年10月11日

講演会

先日、京都市 ArtSpace「寄す処(よすが)」さんで講演をさせて頂きました。
私が福島県のことを話すのは大変おこがましいとは思いましたが、限られた時間の中で「福島第一原発」に関わること以外に福島県の現状をお伝えしました。
福島県は皆さんが思うよりも平常を取り戻しています。
という言葉を発した際に大変眉をひそめられました。
私も福島県に住む人間として、良いこともお伝えするべきだと思います。
福島県の浜通り、双葉郡では避難区域が今も続いており、除染も進まぬ場所
短時間滞在するには問題ありませんが、住み続けるには危険とされるべきところはあります。
福島第一原発は放射能の封じ込めが完全ではありません。
しかし避難指示解除準備区域である楢葉町では、町役場駐車場にて仮設の商店街が日中開かれていたり、避難解除に向けて、日中、家屋修理や除染業務が行われています。
現地では前を向いて、改善に取り組まれそしてゆっくりであっても効果、結果をだされています。
中通り、会津地方では表向き(これは観光客の方々が見たとき)問題を感じることが出来ないほど、平常になっています。
いわき市、相馬市、南相馬市でも、他県の方では気づくことが出来ない状況にまで復興は進んでいます。
なんといいますか。
福島県の方々の努力で震災から3年半で平常と感じられる状態に戻したことが伝わっていないなと思います。
そしてその現実を受け入れてもらえてないなと。
私も福島県の浜通り(特に双葉郡)にて起きている問題、解決されていない問題について伝えるとき、福島県のどの地方で起きている問題なのか、きちんと伝えないといけないと感じました。
福島県の方々は窮状を変えるため、たくさんの方が他県で講演されています。
とても大切な取り組みです。
でもその中の一人として、福島県の風評を陥れてしまっているのは自分にも一因があるのだと思う今日このごろです。
私が「福島県に遊びに来てください」といった時の意外そうな顔が印象的でした。
福島県はとっても良いところです。
これが言っては悪いような風潮。そしてそれを頭ごなしに否定することが問題ないとされる風潮。
このお化けのような雰囲気が「最大の問題」だと感じます。
福島県の良い状況を伝えること。
福島第一が大変な状況であること。
正しく丁寧にありのままを伝える
その難しさを感じる講演になりました。

活動一覧はこちら