東京都、両国回向院様で講演を行いました

2015年2月28日

講演会

東京 両国 回向院様で講演をさせていただきました。

本日の講演は「浜通り、避難区域」を中心としたお話と「福島第一原発の視察の報告」をさせていただきました。

予定の2時間を大幅に越えて、長時間に渡る講演になりました。
現地の方の思いを伝えるには、それでも時間は足りません。
それだけの問題は起きています。
風化という言葉が早すぎる現状と、まだ始まりに過ぎない廃炉のお話は、開場全体を暗くするものでしたが、それが浜通りの現実で、そして現在です。
私のお願いは「思いを馳せてください」ということ、そして「問題は抱えつつもそこで復興に取り組み方には敬意を持っていただきたい」ということです。
敬意は相手を正しく知った先にあります。
批判すべき問題と、行っている尊さは冷静に分ける必要があります。
その時、冷静さに必要なのが主観を除いた正しい情報を得ることだと思います。

今日の講演では、メディアの方もいらっしゃいました。
メディアもお仕事です。個人の方の考えとは別にして受けの良い報道せざるをえない現状は理解することが出来ます。ただその時、現地の方の思いを汲むことが出来ればより良い報道になると思います。
お客様として訪れた、メディアの方が講演後、素直に「肝に命じます」と言っていただけたことは嬉しいことです。

顔を付き合わせ、通じた際には人は理解し合えると思いました。
今回お越し頂いたお客様も、福島県の浜通りについて理解し合えた(共有)できたと思います。
東京電力の信頼の回復は難しい状況です。その難しさはお互いに顔が見えない現状、関係性が原因となっているのは事実です。
寄り添うには、お互いをいかに理解するかが必要で、理解するには顔が見える関係性が必要だと、つくづく思います。
信頼関係が構築されない状況は相互に良いことはありません。

3日間連続の講演を終え、つかの間の休息になります。
現在、浜通りに起きている課題はより実感し解決に必要なことも見えてきました。
3月からはまた新しいことにチャレンジしようと思います。

震災から4年たった、5年目の節目と言われることに違和感を覚えながら、それは数字上のこと、まだまだ渦中、やらなければならないことは山積です。

自分で収まりがつく範疇で、やれることを実践していきたいと思います。
東京電力在職時代から、頭について離れない言葉
「自ら考え、実践する」それを今、本当にやれていると思っています。
そしてその結果を現地で苦しまれている方々へお返しすることが出来るようにならなければと思います。

活動一覧はこちら