広野町で開かれた国際フォーラムに登壇しました。

2016年11月26日

講演会

11月25日から27日にかけて、広野町で開催された国際フォーラム「被災地から考える」に登壇させていただきました。
私が登壇したのは、26日(土曜日)17時から18時30分長きにわたる災害に立ち向かって:「希望」を語り継ぐ
です。

登壇者は
福迫昌之(東日本国際大学副学長)様
ジャン・クリストフ・ガリエル(IRSNフランス放射線防護原子力安全研究所)様
パスカル・クリエール(CEPN放射線防護評価センター)様
宇野弘(復興庁福島復興局参事官)
吉川彰浩(AFW代表)
です。

現地で暮らす一人の人間としても、地場で暮らす私達と大きな歯車で進む被災地域復興の中で
立ち止まり・住民の方目線での復興を再度考えるフェーズに来ているのではと提言させていただきました。

活動一覧はこちら