東京喜多見で講演を行いました

2016年8月24日

講演会

東京喜多見での講演会が終わって

原発対話の会と称された、車座でのお話し会はこれで何度目だろうかと
お客様は何らかの形で私とつながりがある方々

今日はいつもの講演会や講座とは違い、私はこう思っている
それをもとに活動しているといった内容を終始お話ししました。

お客様は福島県に復興のお手伝いにきている方
母子避難の方
お仕事で知り合った方
原子力の在り方を真剣に考えている方
色々な立場の方が、それぞれの意見を通い合わす
言いたいことを言い合う
答えをあえてださない

こういったことは、本音で語り合うことが必要だとつくづく思います。
普段だと静かな感じで話す私ですが、今日は感情で思いっきり話しました。

廃炉で働くエンジニア
廃炉をちゃんとしりたい一般の方
そうした人達が話あえる、向き合える
そんなことが本音できたら、理解も深まりますね

活動一覧はこちら