福井県福井市で講演会を行いました

2013年7月16日

講演会

7月14日(日)

今日は福井県福井市で講演をさせて頂きました。
facebookにて繋がった「若泉さん」のご尽力により盛大に開催できまいしたことをまずは感謝申し上げます。

大変長い3時間ほどのお時間を頂けまして、現地の作業員、社員及び被災者の方々が置かれている現状についてお伝え出来たことの感謝しています。

皆さん、初めて聞いたというお顔をされていました。
本当はこれは良くないことです。
原発に興味がある方が知らない、初めて聞いたこういったふうに思われることが
原発がまだまだ秘匿性の高い情報であると、原発社員だった身分として反省しております。

今日は毎日新聞の方と中日新聞の方が取材にきてくださいました。
講演前後に私がお伝えしたいことを、きちんと聞いてくれまして。
強い問題意識をもってくれました。また、私の意図とする記事を書いてくださる事を心よく了解してくれたことも感謝いたします。

私は現地で頑張る方、それは被災者の方や、原発作業員の方、現地東電社員そして福島で生きる一般の方に対して応援となる講演会を心がけています。

今日はうまくできたかなぁと思っています。

私を目の前にすると、皆さんこんな若造がという顔をなされます。
それでいんですよ。何も偉そうに皆さんを先導しようなんて思っていません。
フレンドリーに語り合うこと自体が大切だと思っています。

明日は富山県富山市の方にお邪魔いたします。
今日よりもまた一歩、聞かれた方が来てよかったと思えるような講演にしたいと思っています。

電力関係者と反原発の方々と一般の方々が自由に議論できるような
夢じゃないと思うのですよね。

明日も頑張ります。

活動一覧はこちら