富山県富山市で講演会を行いました

2013年7月16日

講演会

7月15日(祝日) 

ようやく岐阜の義理の妹の所に帰ってきました。
今日は富山県富山市で講演会をさせて頂きました。
今回主催して頂きました藤岡さんをはじめ関係者の方々のご尽力により盛況に実施できました。
今回もお伝えしてきたのは、現地を知る人間が現地の人間達(作業員の方々や被災者の方々)の思いや境遇です。
そして福島第一原発を廃炉していくことがいかに困難で、それを支えていく人達の重要性をお伝えしてきました。

皆さん真剣に聞いてくださり、そして聞けてよかったと言われたことが真実をたんたんとお伝えすることで、沢山の方が理解して頂けると実感できた次第です。

今日は北陸中日新聞の方が取材にきてくださいました。近日新聞でご紹介頂けると思います。
また、今回は北日本放送の方も来てくださいまして、こちらはTV局になりますので、初の試みですがニュースで流してくれるそうです。

私個人の力では中々世の中に伝えていくことは困難です。
メディアの方のお力も借りて、多くの方に伝えて頂きたいと思っています。

講演の後、皆さんが盛大に拍手してくださいます。これは私への賛辞ではなく
私の話を聞いて、遠く離れた人達への拍手だと思っています。

来週は仙台へ行きます。
引き続き、現地の方々の人にとって有益になるよう活動していきます。

活動一覧はこちら