ひろのオリーブ村の皆さんとオリーブの移植を行いました。

2016年5月9日

地域再興支援

13179366_863385983788927_1562003156030036678_n13147531_863386117122247_8975447044864770315_o13173127_863386263788899_2190256969586719119_o13217042_863386520455540_1045110131520471920_o13048004_863386617122197_5799755322111264042_o13161973_863386673788858_2001584169122780843_o

ひろのオリーブ村の皆さんと、オリーブの移植を行いました。
こちらのオリーブは、広野町さんが原発事故により避難した際、お世話になった埼玉県三郷町のさいたま桜高等学校の生徒さん達が、オリーブが広まるように思いをこめて一生懸命作ってくださったものです。
 
小さかった苗木も成長し、間隔をひらいて植え直しをしました。
ふたば未来学園の高校生達が、新しく出来る校舎に植えたいと言ってくれています。
寄贈に向けて立派なオリーブを育成中です。
AFWもお手伝いさせていただきました。
広野町のおんちゃま達は今日も、町の為、子供達のために頑張っています!
 
青い服の人達は、人手の足りぬ町の復興をお手伝いしてくれる東京電力 復興本社”の方々です。
これまでもお力を借りています。
いろんな人と思いが詰まったオリーブ
のびのび育ってます!

こちらの取り組みは、Yahoo!基金様より助成を受け、「福島第一原発の廃炉と隣り合う”ふるさと”を次世代へ託せる環境作り」プロジェクトの一環で行っております

活動一覧はこちら