川内村 かえるマラソンに参加しました。

2016年4月30日

地域再興支援

05_双葉郡川内ピックアップ13123403_858007087660150_4888380204091470436_o

福島県双葉郡川内村で行われた「かえるマラソン」に参加してきました!
AFWからは2名、私と高校からの同級生
ハーフにでましたが、ひとっつも練習できずにいたため、完走が目標の私
しっかり準備した友人(1時間30分代でゴーール!)
2時間28分でなんとか完走出来ました!
正直、何度も無理かなと思いましたが、沿道のお年寄りの応援に励まされ、あと少しだけ頑張ってみようと思ったら、完走に。
 
さすがに地域のじっじ、ばっばに「頑張れ」と言われたら、走らないわけにはいきません。
 
あちらこちらから、すごいね沢山来たねと喜びの声が
川内村の子供達も、マラソンのお手伝い偉ったです。すくすくと育ち地域の子供に、微笑ましい気持ちにさせてもらいました。
 
練習不足は終わったあとにきます。下半身がバカになりました。
うん。練習って大切。
さて、マラソンの感想は楽しかったにつきますが、とても戦略的なコースでした。
川内村の要所を抑えてあり、震災前からあるもの、震災後に出来たものが、風景を抑えながら走ることで場所を学べます。
川内村の東部の一部では「避難区域」が残ります。アクセスも決してよくない「村」は、時として住む人達に「ここに人が来てくれるのだろうか?」という誤解を生みます。それが誤解であることを示せたレースでした。
 
頑張ろう、頑張ってと言われ続けて6年目、川内村の方が逆に「頑張って!」と言える、マラソンは感慨深いものです。
頑張れ―と大きな声で言えるお年寄り、子供、大人の姿の意味をどれだけの人に伝わったかは分かりませんが、旧避難区域の村だったことの意味を忘れてはなりません。
 
他県から来た友人が「こんなに楽しいマラソン」は初めてだったと言っていました。
 
堅苦しい講釈はAFWの常ですが、一言で言えば素晴らしい大会だったということ。
来年も是非参加したいと思います。

活動一覧はこちら