双葉郡未来会議season 2に参加

2016年3月21日

地域再興支援

双葉郡未来会議season 2
~葛尾・富岡・浪江編~ 「旧警戒区域の夜明け」に参加
双葉郡の現状を理解し合う場
人が繋がる場
として、民間では最大級の取組
当日も150名分の資料が無くなるほどの賑わいをみせました。
12030457_831147367012789_6104706537625311827_o

12792377_831146657012860_7764936027408425542_o

12030457_831147367012789_6104706537625311827_o
葛尾からは下枝浩徳さん
富岡からは佐々木邦浩さん
浪江からは前司昭博さん
現状・生まれ育ちで培ったふるさとへの愛情・これからの未来について、当事者からの声に、これからの双葉郡が多くの課題を抱えながらも、前に進んでいくことの意義を参加された皆様が感じたことと思います。
震災・原発事故から5年
人の繋がりは希薄になっていく一方で、いやここから人の繋がりで改善していこうという場があります。
それが双葉郡未来会議
https://www.facebook.com/groups/444516835721551/

双葉郡の復興を目指そうとするとき、一番壁に感じるのは自分ひとりの力では、どうせ無理だという考え
そこに悲観的にならず、みんなでやればいい
それが双葉郡未来会議の根底にあります
素敵だなぁと思うのが、この場は民間も行政もなく、同じ目的意識で個人が集まってやれている点
手弁当感が満載で、一人一人が協力して運営されています。

司会をする人、会場を準備する人、受付をする人、事前準備をする人
とかく、お金や権威で人が動く時代に心で多くの方が動くこと自体に、ひときわ素晴らしさを感じました。
各町からパネルを借りて情報共有できるのも魅力
言われなくても分かるくらい、あれもこれもも課題の双葉郡
それを乗り越える、自分の出来る範囲で解決していく
当日司会をされた藤田大さんが「分断ではなく分担していきましょう、歩みを揃えつつ」ということを話されていました。
私は「廃炉」という扱いが難しいところを分担していこうと思いました。

活動一覧はこちら