ひろのオリーブ村さんの定例会に参加しました。

2015年8月8日

地域再興支援

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひろのオリーブ定例会

福島県双葉郡広野町にて

ひろのオリーブ村さんの定例会に参加しました。
AFW代表の吉川は、オリーブ村さんのメンバーの末席の一員です。

明日、9日、日本財団「GAKUVO」ボランティアで来られる大学生の方々と一緒に「二つ沼総合公園」のオリーブの雑草取りをします。

道具の準備や明日、せっかく来てくれるのでカレーのおもてなしのお話し合い。
野菜はうちので、米はうちで、調理はだれで・・etc
手伝ってくれる事もうれしいですが、何より若い人が広野町に来てくれる事が皆さん嬉しそう

とっても素晴らしい報告も、「ふたば未来学園」の高校生達にオリーブの取組を発表された結果、高校生達から頑張ってきた甲斐がある感想を多数いただきました。

「原発事故で農業をあきらめてしまう人が多い中、自分達で何かやってみようとする試みに感動しました」
「自分の町を深く考えてる人達がいることを知りました」
「農業の授業を選択しています、自分も頑張ってみようと思いました」
「自分も努力して周りに認められる大人になりたい」
「広野町という故郷を大切に思い、自分達の手で何ができるか考え、それを実現させてしまうことが素晴らしいと思いました」
などなど

おとなの背中を見せて、伝わっています。

ただこんな心配も「後を継ぐ世代がいないことが問題。。。」

素晴らしい取組は、今ようやくレールが引かれはじまっています。

AFWは間近でそのレールの大変さと意義を見てきました。
多くの方に触れて欲しいと思っています。

オリーブむらさんの取組は、オリーブむらさんの為にあるわけではありません。
その活動を通して、ふるさとで暮らす人達の思いを変え、次世代に「誇れるふるさと」をバトンタッチできる取組です。

いつでも、皆さん遊びに来てください!
かっこいい大人がいますよー
私もいつも学ばせて頂いてます!

活動一覧はこちら