ヴィクトリア大学シンポジウムへのメッセージ

2014年3月10日

お知らせ

3月11日にカナダ、ビィクトリア大学にて福島県に関するシンポジウムが開かれます。

遠いカナダの地で、真剣に福島県で起きている事を問題にされます。
その場で現在協議中ですが、私も参加若しくはメッセージを発信する場を頂くことになります。

この繋がりは私がお世話になっている学生団体AAO代表、森さんより頂いたものです。

福島原発で起きている問題に対して、労働者問題を切り口に説明させて頂きます。

とかく福島原発問題は設備や起きている内容に囚われがちです。

今月号「ニュートン」災厄福島原発1000日ドキュメントでは、詳しく現在までの福島原発で起きている事が分かりやすいイラストを元に描かれています。
ですが労働者の抱える問題は出てきません。

なぜここまで、働く人に目線がいかないのか謎で仕方ありません。

大変有難い機会を頂きました。
ありがとうございます。

活動一覧はこちら