画家「若麻績 敏隆」さんにお越しいただきました

2014年4月17日

お知らせ

若麻績さんとのご縁は、AFWが善光寺様よりご支援を頂いた事に始まります。
福島第一原発で働く方々を外部から支援しようという活動にご賛同頂きました。
若麻績さんは長野県善光寺の寺務総長を当時されていらっしゃいました。
私も今回教えて頂いた事ですが、寺務総長という役職は一般社会で言うところの社長にあたる役職です。

ご縁を頂いた後に、若麻績さんより個展のお誘いを頂きました。
その時、実は画家もされている事を知りました。

大変お忙しい中、「浜通りは綺麗なところです、是非描いてくれませんか?」そんな私の無理なお願いに応えてくださいました。
遠い長野県からです。

幸いな事に天気が良く、写真を撮るにもうってつけでした。
私も若麻績さんと一緒に半日中歩きながら、双葉郡広野町の風景を写真に収めました。

浜通りのこの素敵な風景を知って頂く事が出来たと思っています。
福島=放射能で汚染された暗いイメージ、だけではありません。
良いところが沢山あります。

良いところが原発事故の影響により、大変な事になっているこれが重要だと思っています。

若麻績さんが一日中、いい風景ですね、綺麗ですねと何度も仰っていたのが印象に残っています。

他県の方が素晴らしいと仰る、この地方を責任をもって次世代に繋げていかないと思っています。

活動一覧はこちら