日本原子力学会への寄稿が終わりました

2014年5月30日

お知らせ

日本原子力学会誌向けの寄稿がようやく終わりました。

頂いた大きな機会を福島原発で働く方々へ活かせるような提起をさせて頂きました。
文字書きを生業としていない為、大変手こずりました。

文字数制限3600文字では現地の方々の苦労と改善を訴えるには正直足りません。
その限られた文字数の中で共感を呼び、そして改善に促す文章になったのか、不安を抱えております。

著作権上公開が出来ません。
学会誌に掲載された事で公開とさせて頂きます。

原子力産業に携わる方々へ伝わる事を願います。

活動一覧はこちら