福島第一原発を視察しました

2014年8月22日

お知らせ

福島第一原子力発電所を視察させて頂きました。
いちボランティア団体に過分な対応を頂きました。
民間団体として初の視察だったと思います。
本日のスケジュールは12時~12時30分までJヴィレッジ内での資料による発電所内の取り組みの説明
バスで6号線を北上し、13時10分ごろ15時ごろまで、バス内より発電所構内の施設および説明
内容
1.免震棟内緊急対応室内の視察
2.多各種除去設備(ALPS「アルプス」)視察説明
3.汚染水貯蔵タンク視察説明
4.4号機前での燃料取り出し建屋の説明、凍土壁施設の説明、地下水バイパスの説明
5.5,6号機高圧鉄塔倒壊現場視察
6.建設中の大型休憩所視察
私は1999年~2008年まで勤務していた場所です。
当時(震災前)の風景を思いだしながらの視察をさせて頂きました。
皆さんは大変驚くと思いますが、視察中バス内ではありますが防護服を着る必要も防護マスクをする必要もありません。
市販のマスクと布手袋にて十分汚染のない環境が出来上がっていました。
原子炉建屋から直線で数百メートルしか離れていない、正門入り口ではマスクも手袋も必要ないほど、汚染も線量も下がっています。
数百人の作業員の方々は現場作業を終え、まるでどこにでもある建設現場の作業員の方のように、休まれていました。
これは屋外でのことです。
防護服を来た作業は過酷そのものですが、それ以外の労働環境は私たちが想像するのを遥かに超えた改善が見られています。
この状況に大きな安心感を抱いたのは正直な感想です。
4号機前でのバス社内は50マイクロほどでした。
一般の方の感覚からすれば「とんでもない高さだ!」と思われますが
原子力発電所で震災前より働いていた私の感覚ですと、爆発を起こした原子炉建屋の前とは思えぬほど低いです。
ちなみに私が震災前に働いていた現場「原子力設備の建屋内」では100マイクロほどの現場はざらにありました。
原子力作業としては、特段高いエリアでは決してありません。
古巣ですので知り合いの社員の方、作業員の方にお会いしました。
なんともいえぬ感情の中、お会いできたことに双方嬉しさは正直隠せませんでした。
とても1回の投稿では書ききれぬほどの多くの実情を学びました。
写真については、ただいま協議中です。
ノートで複数投稿していきたいと思います。
現場を生で体感し真実を知り、そしてそれを正しく伝えることの重要性
大変濃密な一日を過ごさせていただきました。

こちらの模様はPICK UPでまとめて報告します。

活動一覧はこちら