東京都狛江市にて講演会が開かれます

2014年9月29日

お知らせ

「原発事故の健康被害とは:放射能にとらわれない視野を」
と題しまして、福島県相馬市「相馬中央病院」に勤務される「越智 小枝(おち さえ)さんの講演会が開催されます。

10月5日(日曜日)14:00~(13:30開場)
東京都狛江市岩戸北4-10-7-2F 島田歯科の2階にて

講演の後、質疑応答の時間、そして交流会も開かれます。
相馬市は原発事故により避難指示中の双葉郡から北に1時間ほどの距離の中規模都市です。
この講演は「現地は放射能により健康被害はない」とか「放射能を起因とする体調不良は必ず起こりえり危険性を啓発するとか」どちらか一方に偏った議論をするものではありません。
「原発事故の影響の情報が錯綜し、何を信じてよいか分からない。もっと身近にお話を聞きたい」そういった方々に思いを寄せて、お話をされる場です。
主催者の方々も場が紛糾しないよう配慮されております。
医療関係者、り被災地で毎日暮らし働く方として、現在のありのままの状況を知っていただくことを目的とされています。
医療関係者の方が表にでて、一般の方が消化しきれない疑問に真摯に向き合ってくださいます。
とても勇気があり、真摯な取り組みです。
とても貴重な機会です。
特にお子さんをお持ちで不安を抱える方々、是非お話を聞かれてはいかがでしょう。
下記リンクより要予約です。

https://www.facebook.com/events/1544743139079844/

活動一覧はこちら