福島原発行動隊の方とお会いしました

2014年9月30日

お知らせ

東京駅にて、公益社団法人福島原発行動隊の「高橋様」と「枚田様」にお会いしてきました。

前回、早稲田大学で開かれたシンポジウムにて、僭越ながらAFWのブログ内一文を発表させていただいた事により、お繋がりを頂きました。
とても嬉しいことに今後のAFWの活動に対して、ご協力をいただけることになりました。
私達の団体の影響力は微々たるものです。現地への改善には遠く及びません。
そして福島県浜通り地方の問題はまったなしで継続中です。
公益社団法人である「ちから」は私達と比べるものではないほど大きいものです。
今後は現地で起きている課題について、協議し解決に向けてお力をお借りすることで概ね決まりました。
被災地では一つ大きな問題が起きています。それは慈善活動的な活動をしている団体が当初の目的から外れ「活動のための活動」に落ちている点です。
一つの要因に資金的問題と、当初掲げた目的が震災から3年半経ち改善されていることも挙げられます。
しかし依然改善に向かわない問題などもあります。
それぞれの団体は、被災地救済という点においては同じ方向を向いているはずです。
それでは個々の団体で連携を持つことが必要ではないでしょうか?
誰の為に作られたものであるかを問えば、連携することに問題はありません。
本来の目的を見失い、自己の名声や収入に重きを置くようであれば、無理に続ける必要はないと思っています。
今回、お二人とお話をさせて頂き、共通する活動であり何より、活動の目的を遂げるための連携であることから、お力添えを頂くことになりました。
とても前向きな案件でほっとしております。

活動一覧はこちら