福島国際赤十字会議について

2014年10月29日

お知らせ

10月27日~30日間の間、福島市で「福島国際赤十字会議」が行われました。
16カ国の代表の方々が原子力災害対策について議論されました。
4日間のスケジュールでは、実際に被災地への視察も実施。
原発事故の被災者に対する長期的な支援のほか、迅速で正確な情報提供、救援に向けた事前準備などを指針に盛り込む必要性を確認されました。

元国会事故調委員長の黒川清政策研究大学院大学教授が原発事故の概況と人道援助機関に求められる対応などを講話されました。

黒川氏の講演の後には、県内外の高校生のプレゼンが行われました。
AFWとしてお手伝いさせて頂いたのは、高校生プレゼンについての事前講義です。

原子力災害対策を議論した時に、根本の原子力を支える(事故への直接対応)人達の話は今までもあまり議論されません。
原発事故から退避することも備えが必要ですが、同じように事故時と事故後の対応をする人達への支援も、被害度合いを抑えるには重要だと考えます。

AFWのプレゼン内容は福島第一原発で働く方々目線の内容でした。
事故の復旧に直接あたられる方々への備えが整っていたら、働く方が今も抱える問題はかなり解消されていたでしょう。
直感的に感じたことを発表される高校生のプレゼンが大人達の心を動かすことに期待しています。

会場では満場の拍手を頂いたようです。何ヶ月も頑張って準備をされた高校生達に感謝いたします。
83x83y83v8383838b83t839383n83x
写真はプレゼンで使われたスペシャルサンクスのページです。
AFWも載せて頂きました。
公の場で「福島原発で働く方々が抱える問題」について、議論することが「腫れ物」に触るようなことではなく、国民みんなで議論すべきことだと認めて頂いた気持ちでいます。

あれだけの原発事故が起き、そして浜通り地方が3年半を過ぎてもおざなりになっている現状を海外の方はどう受け止めたでしょう

「わかりやすいプロジェクト 国会事故調偏」様に貴重な機会を頂けましたことを感謝いたします。

活動一覧はこちら