復興支援センターMIRAI様を訪問しました

2015年1月28日

お知らせ

福島県相馬市にて、広域復興支援事業を行われている「復興支援センターMIRAI」様にお伺いさせていただきました。
代表を務められている「押田一秀」様と長時間に渡り「復興」の意見交換をさせて頂きました。
被災地域の復興は本来その地域の方々が立ち上がっていく必要がありますが、今回の震災は、個人が立ち上がるにはあまりにも起きたことが壁になっています。
また復興を目指した場合、原発事故が無かったとしても、津波が無かったとしても長期的な町の発展を考えた場合、地方が抱える問題はあり、震災によりその問題が浮き彫りになったと言えます。
目指すゴールは震災前の状況ではなく、それ以上に豊かに暮らしていける状況を作りあげて繋げていくことだと思います。
同じように次の世代に向けて活躍されている方の考えや取り組みは非常に勇気と参考をいただけるものでした。
AFWの活動に活かし、現地に還元していきたいと思っております。
大変多くのことを学ばせていただきました。

活動一覧はこちら