4月からの警戒区域再編について

2013年4月16日

お知らせ

全国の方々へ
現在警戒区域は福島第一原子力発電所を中心とした6kmまで縮小されました。
南側からですと富岡町まで誰でも自由に入ることができます。
福島第二原発の前を通ることができるようになりました。
今まで週刊誌でしか見れないような地域に入れるようになったんです。

物見遊山はあまりしてほしくはありませんが
福島原発問題に興味のある方は一度ご覧になって欲しいと思います。

原発事故の避難で町がどうなってしまうのか
肌で感じて頂ければと思います。

参考ですが私が持っていった線量計で毎時2マイクロぐらいでした。

警察の方がパトロールしていますので日中をお勧めします。
他県ナンバーは職質されるかもしれませんが、された場合はご容赦願います。

現状を見れば、国の原発事故に対する対処の甘さや被災者の苦しみがよく見えると思います。

今は視察の段階で土地の調査やニーズの調査をしています。

友人達を富岡町まで連れていきました。
かなりの衝撃を受けているようでした。
TVは面白おかしく一部抜粋で放映しています。
現地の人間が現地を案内すれば沢山のドラマがあります。

具体的に進むにつれてご紹介していきます。
言うほど大きな事は出来ないかもしれませんが

活動一覧はこちら