福島第一原発視察について

2017年6月8日

お知らせ

AFWが行っている一般個人の皆さまと行く、福島第一原発視察については現在受け入れ先である東京電力と協議中になっております。

現在、次回以降の視察は2018年2月以降です。

AFWは民間団体様・個人様と同様に、視察目的を明らかに、テロ防止・核物質防護の観点から視察者身分を明らかにし、東京電力ホールディングス㈱
から許可を頂いて視察しております。
なお、最終的な視察実施判断は東京電力への確認後となりますので、予めご承知おきください。

ご注意
 ・視察の申し込みはAFWが窓口ではございません。東京電力ホールディングス㈱になります。
 ・視察窓口の問い合わせにつきましては、核物質防護の観点から明らかにすることが出来ません。最寄りの東京電力ホールディングス㈱にお問合せください。
 ・現在、福島第一原発の視察は一般開放が進んできました。累計で2万5000人以上の視察者が訪れているそうです。視察は現在順番待ちとなっているそうです。9月
  現在において4,5ケ月待ちと聞いております。

ご参考
 ・AFWでは廃炉講座・地域ガイドを請け負っております。福島第一原発が望める場所へのご案内や座学(資料やジオラマを使って)にて、福島第一原発の廃炉
  がどの様に進んでいるかなどのサポートをしております。
  詳しくは「お知らせ」の廃炉講座・地域ガイドを参照ください。  

活動一覧はこちら