福島第一原発視察のご案内について

2017年4月8日

お知らせ

AFWは定期的に一般の皆さんと福島第一原発を視察しています。

次回視察日は7月21日になります。

11時スタート、15時終了、その後いわき市にてAFWによるフォローアップを行います。

AFWは原子力事故後の暮らしを営む皆さんが、自らの言葉で福島第一原発を語れるお手伝いをしています。
これまで様々な方にご参加頂いています。

大学生、主婦、学校の先生、医師、復興事業に取り組む企業、ボランティア団体に所属の方、etc

AFWが一個人の方では視察が出来ない福島第一原発を引率することでお連れするものです。

視察のスタート箇所となる、福島県双葉郡富岡町にある視察センターから先は東京電力のバスに乗り、社員の方より案内を受けます。

現在、福島第一原発の視察はバス車内からの視察に限り、特段の防護対策不要の状況となっています。普段着で訪れることが可能となっています。
視察中の被ばく線量は5μシーベルト程度、歯のレントゲン1回程度です。

7月から第3金曜日に開催していく予定です。

ご希望をされる方は下記、条件を確認いただき申し込みください。追って詳細のご連絡をいたします。

参加条件
1.18歳以上であること(高校生不可)
2.ジャーナリスト・団体の申し込みでないこと。(AFWは個人様向けの団体です)
3.責任追及、持論展開の場としてAFWといく視察を使わないこと。
4.福島県在住の方、もしくは避難生活をされている方、県外の方は福島県の復興・再興にご協力頂ける方
5.原子力設備を視察するには、個人情報の提供が義務付けられています。同意頂けるかた。
全てに当てはまり、視察センターのある福島県双葉郡富岡町に集まれる方が条件になります。現在の所、公共機関が回復しておらずマイカーもしくはレンタカー等でお越しいただくことになります。
AFWではバスの手配はしておりません。

参加者多数の場合は、ご希望に添えない場合があります。その際は7月以降での検討をお願いいたします。
ご了承ください。

申し込みはお問合せよりお願いいたします
その際、お名前、所属、動機、連絡先をお知らせくださいますようお願いいたします。

活動一覧はこちら