いわき市の方々と振り返りの会を行いました。

2015年6月24日

お知らせ

p6230233

6月15日に行った、福島第一原発のいわき市民の方々の視察の振り返りを、いわき市菩提院様のご協力を得て行いました。

視察で感じた思いを率直に話していただきました。

見えない放射線に対する恐怖感、良くはなっているが安全と言えない
廃炉がなされないと安心感を得ることは出来ない。
現場の苦労を共有できた思いがする。
約7000人いる作業員の方々の約45%は福島県民だということから、自分達で解決していく課題だと思った。
等々

自身の生活にとって、福島第一原発がどのような立場にあるか
それにどう判断すべきか

悪戯にイメージで恐れていたことが、恐れなくても良い部分、そして恐れる部分が
参加者の方々が皆さん感じていただけたことが確認できました。

活動一覧はこちら