汚染水についての説明

2013年8月5日

お知らせ

京電力が流出しているトリチウムの濃度は震災前と変わらないと発表した。

大変な誤解を与えている、これでは流出させていたと取られてもしょうがない。

正しくは法例の基準値以下の廃液を放出していた。
その年度積算値と比べると、今の所は法例限度に収まってはいる。
しかし、この状況が続く状態では、法例限度を超えて環境への影響力を考えなければならないだ。

震災前から続くトリチウムを含む廃液の放出は、何度も言うように法に則り行っていたもの。

国が過去の経緯を含めて、正しく原発が存在する事で、否応なしに発生する廃液の問題を説明しなくては、事態の収束はないでしょう。

新聞も原子力専門チームがいるのに、知った上で正しく国民に知らせないのは問題です。

それと、原子力発電所にある煙突、正しくは排気筒といいますが、発電所の通常時において、数日毎に高レベルの放射能をベントしているという記事を見ました。
排気筒の放射線計測器の管理をしていた私が言います。
事実無根です。
このデータは福島県にも常時送っていました。
こんなデマもYahooコメで大多数の人がそう思うをつけてしまう。

悲しいを超えて虚しさを感じます。

それより、どう汚染水を処理するかが問題なんです。

前にも書きましたが、一刻も早く希釈した法例基準値未満の水を放出すべきです。

東京電力本社の広報も言葉選んで喋ってください。

またも不信と人権を超えたバッシングが増えるだけだから

正しく迅速に言葉を選んで欲しい。
現地の人間達から、すれば内部に敵がいる状態ですよ。

流出しているのは擁護しないけど、誤解をとくのが精一杯

広報のやり方は、救いがたいほど、ダメすぎる。

全国の人は基本的に、東京電力の情報を待つしか手段がないのだから。

開き直りにしか聞こえないやり方は、デマも作ってしまうし、かえって自分達が得をしないことをこの二年でいい加減覚って欲しい。

そして自分達では、手に余る事を認め、救いを求めていいんじゃないですか

そして各方面の知識者に素直に助力を求めましょうよ

活動一覧はこちら