TV局と企画を練ってきました

2013年10月17日

お知らせ

今日は日帰りで上野に行ってきました。

とあるTV局の方と番組の企画をお話する為です。
TV番組(特にニュースでは)限られた時間でしか放送できないところもあり
情報が限定的で根本原因に触れることは難しいです。

それがかえって視聴者への誤解や推測を生んでしまいます。
原発事故はその被害の大きさや秘匿性から尚更観る側が最初からうがった見方になっている状況ですから、大変に慎重に本来報道しなければいけません。

今日お会いした方は、私との交流の中で現在起きている問題の背景こそ問題にすべきだと分かってくれた方です。

その背景問題が、原発への無関心からくる原発差別や現地への無支援であり
現在の社会構造の悪さ加減であるという観点で考えなければいけません。

久しぶりに手応えがある、話し合いになりました。

今後さらに企画を練っていくものになります。
如何に原発に関心を持ってもらうか
そして正しく理解してもらうか
がキーポイントとなりそうです。

悪者を作りあげることよりも
何が問題かを掘り下げ、民間レベルでも改善できることをやっていく
こういった思想を広げていくことで希望ある未来が開けるのかなと

活動一覧はこちら