Jヴィレッジにカイロを6万個届けました

2013年12月11日

お知らせ

1度で運べず、2tトラックを2回使っての搬入になりました。
3度目の訪問になり、Jビレッジ物流倉庫を管理されている作業員の方々とも顔見知りになってきました。
ちょっとした冗談を言いながら、楽しく搬入しています。

運送会社の方も今回で2度目、お互い身の上話をするように

同じ浜通りの人間ですから、打ち解けるのも早いですね

ちょっとした会話の中に復興へのヒントがあります
震災からインフラ面は大分進みましたが、分裂した人のこころをどう繋いでいくか

特に高齢者をどうやって守っていったらよいか

作業の合間にお話しさせてもらいました。

日の目を浴びない問題についてどれだけ取り上げられるか
それに自分達がどう関わることが良いのか

考えさせられる一日でした。

帰りにひろのオリーブ村の方を訪ね、稲作に代わる産業としてオリーブの栽培を行いたいというお話しを再度確認してきました。

年明けからは、広野町の復興にも強く関わっていきたいと思っています。

明日は月一のミーティングを行います。
各自の活動報告と今後の団体の方針を詰めていきます

写真はカイロ60個1パックが4個入った段ボール250個の写真です。
パレット積みで4体になります。

見た目の物量も送れたと思います。

活動一覧はこちら