栃木県の皆様をご案内しました

2015年1月30日

現地ガイド

栃木県からお客様を向かえ、いわき市から南相馬市までガイドを行ってきました。
関東から東北全体に及ぶ、大雪の天気の中のご案内になりましたが、避難区域の実情や除染の状況、双葉郡の立地、町ごとの特徴、文化遺産の喪失、インフラなどご案内をさせて頂きました。
栃木県でも放射能問題は今も根強く残っていることも教えていただきました。
各地に作られる焼却炉についても意見交換をさせていただきました。
私は東京電力時代、発電所内にある焼却炉の保全を担当していました。
その経験、知識は全国で始まっている放射能廃棄物を燃やすため、続々と建設される焼却炉について一般以上のアドバイスを行えます。
今回のお客様には県会議員の方もご一緒でした。
通常の活動とは少し離れますが、国会議員の方よりご連絡をいただき焼却炉を安全に運営していくためのレポートを作りお渡しすることになりました。
私は放射能に対する危機意識が薄れていくことに問題を感じています。
放射能が生み出す、風評や実害に対して私達がすべきは問題を直視し改善に取り組むことと思います。
とてもナーバスな問題ですから、しかるべき機関や行政と慎重に取り組んでいかなければなりません。
ガイドにより、大きな機会をいただくことになりました。
また、県外から問題を認識するため公務ではなく個人として視察にこられた姿勢に敬意を覚えます。
放射能問題を語る方がどんどん社会から拒絶される風潮は私は認められません。
誤った風評を防ぐためにも「向き合い改善すること」が重要であると思います。

活動一覧はこちら