山梨県都留文科大学の皆さまに向けて地域ガイドを行いました。

2016年8月8日

現地ガイド

IMG_4795 %281%29 (2)8月8日����_1

AFWのガイドはとても長いです。ご希望で短くしますがご提案させていただく際には、いわき市から南相馬市まで北上しながらご案内します。
朝10時から19時までの地域ガイド
進んでいる点、止まったままの点、原子力事故前からある地域課題と原子力事故によって生まれた課題
避難長期化で生まれた課題
新しい希望の種
とても素直な学生さんたちは必ず自分に何ができるか考えますと言ってくれます。
すかさずAFWはまずは皆さんのふるさとについてできることをされてくださいとお願いします。
6年目ご支援はありがたいこと、ご支援を目的にいらしたのなら見せる場所もお伝えすることも違いますが、学びという視点で来られたのなら、皆さんの生活に活かしていただきたいと思います。
 
でもお願いもあります。ガイドが終わるとイメージと違ったという感想をいただきます。
そのイメージと実際とのギャップに私達が苦しめられているのも事実、実際にご自身で経験されたことをお伝えして頂ければそれは私達が望むところです。
行く先々で知り合いに会います。地域だけでなく地域で暮らす人も見せたい。
忙しいのを承知でお話しをお願いしたり。
最後はいわき市に戻り、夜明け市場さんで解散。
いわきも楽しんでもらう。
持ち帰ってもらうことは、何も厳しい現実だけではなく、今を楽しむ当たり前の姿も必要です。
6年目の伝えかた
学びの場としての昇華
私達のふるさとにかける思いは伝わってほしい
そんな風にいつも考えています。

活動一覧はこちら