現地ガイド

避難生活者と原発作業員としての2つの視点から

 原発事故による避難地域のガイドは、避難生活者の視点からのガイドが現在も主流です。私達AFWのガイドの特徴は、代表が元東京電力社員であることから「原発作業員」としての視点が含まれる点です。また、代表も浪江町から避難生活をしています。相反する立場からの視点で語られる現地ガイドは、訪れる皆さんに多くの気づきをご提供できます。

 原子力産業に依存した地域を知るには、両方の視点で、現地で長年暮らした人間のガイドが必要と私達は考えています。

 私達のガイドは、基本ルートはいわき市中心部から出発し南相馬市中心部までご案内いたします。

 ガイド内容、ルートなどお気軽にご相談ください。

活動報告

もっと見る